木材・住建事業部

  • 事業部TOP
  • 事業案内
  • 製品紹介
  • 事業部の紹介
  • 品質性能
  • 認定・認証
  • 施工事例

事業部の紹介

保存木材営業部

木には二つの要素があります。一つは住環境に安らぎと温もりを与える建材としての面。一つは、地球温暖化防止に必要不可欠な二酸化炭素の固定を担っている面。二つとも我々人間が生存していく上で欠かせない要素です。しかし、木は植物の一種であり、何もしなければ腐朽・シロアリの害を受けてしまいます。木材保存処理はその欠点を補い、木材の風合いと特性をそのままに耐久性を向上させる技術です。保存木材営業部はその高い保存処理技術を用い、数多くの保存処理製品を販売しています。また、お客様のニーズに合った注入処理も行っています。当社で保存処理した木材は住宅構造部材、羽柄・造作部材、非住宅躯体、造園用材、公園遊具等に広く使用されています。
保存処理製品の詳細はこちら。→(防腐・防蟻処理製品一覧)

Image Photo

製造・技術部

木が住環境に利用されてきた歴史は古く、我々の生活に今でも欠かすことのできない重要な資源の一つです。木を様々な場面で有効利用することは、地球環境保全にとっても非常に重要です。しかし、木は“燃える”、“腐る”、“シロアリに食べられる”等の欠点があります。製造・技術部はそれらの欠点を化学的手法により補い、木材の可能性を最大限に引き出す技術の研究開発を行い生産を行なっております。
特に、他社にはない『乾式処理技術』の開発や防腐・防蟻薬剤の新規開発を軸に木材保存処理技術の更なる高みを目指し、限りある森林資源の有効活用および木材の長期有用化を目指し、日々研究に取組んでいます。
(乾式処理の特徴はこちら→乾式処理の特徴)

保存処理材を生産する工場は東北工場、関西工場、岡山工場と全国に計3ヶ所あります。

Image Photo

事業所一覧

地図上の事業所名をクリックすると地図の詳細をご覧いただけます。

japan
▲Pagetop
よくある質問
木材・住建事業部の
事業、製品へのFAQ
お問い合わせ
木材・住建事業部への
お問い合わせ
サイトマップ
木材・住建事業部の
サイトマップ